« お客様との絆も出来た想い出溢れるリフォーム! | メイン

トップページ> ペットも喜ぶ自然素材リフォーム!

〜ペットも喜ぶ自然素材リフォーム!〜


◆担当者紹介◆

理想の空間作りをお手伝いしているわくわくリフォーム高野社長。
お客様のご要望をしっかり聞いて、素敵なリフォームをしてくださいました!




有限会社空間計画
高野様


リフォームの経緯を教えて下さい 物件データ
最初のご要望は、和室をフローリングにしたいということだけでした。
ふすまをドアに変更する工程を考えると、一部壁も補修することになり、その際に「珪藻土」にしてみませんか?と薦めました。

最初は、「聞いたことはあるけど・・・」というくらいで興味を示してくださいませんでしが、サンプルと一緒に説明をしたところ、「一緒に住んでいるわんちゃん達に合うかも!」と、元和室の部屋は、はいから小町になりました!

リビングは、フラットな仕上げが良かったのと、ガイナのカタログを読んで、何よりタバコのヤニの影響が出にくいという理由を気にいってくださり、断熱塗料ガイナに決定しました!
■邸名
K様邸
■地域
東京都足立区
■リフォーム箇所
【和室、リビング】

和室:天井・壁
  はいから小町

床:無垢フローリング(オーク)
遮音材としてわんぱく応援マット

LDK:天井・壁にガイナを塗装


施工中のエピソード
床遮音材には、わんぱく応援マットをご採用頂きました。

他社の遮音材とはここが違う!こだわりポイント!


一般的に、フローリングの下に挟むタイプの遮音マットは、合板や、パーチクルボードにフェルトや遮音ゴムなどを貼った構造のものを見かけますが、合板やパーチクルボードなどは接着剤から揮発するホルムアルデヒドの問題があります。


床暖房などで、暖めると余計にホルムアルデヒドが発生するので、床暖房の時には使いたくない素材です。


遮音ゴムも、アスファルト系のゴムの方が遮音性能がいいので、普通はアスファルトゴムを使用します。しかし、アスフアルト系のゴムは熱が加わると臭気を発生するので、床暖房に使えません。


わんぱく応援マットは、ケナフフェルトと、合成ゴムの2重構造になっています。

暖めても臭気が発生しない合成ゴムと、へたりの少ないケナフフェルトの組み合せによって、遮音性能がL40に向上しました。


ケナフフェルトとは、環境に優しい繊維として有名なケナフをフェルト状にしたマットです。


◆担当者の声◆

住まいと健康についていろいろ勉強していますと
現代の多くの家は住む人にとって健康上あまりによくない材料で造られていることがわかります。



コストや生産性や耐久性は追求していくが住む人の健康にはあまり配慮されていないという造る側の都合で生み出されたのが今の日本の住宅ではないでしょうか。



知ってしまった以上、お客様にお伝えしていかないといけない使命だと感じています。

「あなたの会社が近くにあってよかった」

そんなふうに言っていただけるようこれから皆様のお手伝いをさせていただきたいと考えております。


【施工前】


【施工中】


【施工後】




お問い合わせ


小さなご相談でもどうぞお気軽にお声掛けくださいませ。
  お電話で
048-475-1217 


 
会社情報を確認する

 
お問い合わせ
メールフォーム