« TOP | メイン | はいから小町にしたい!〜リピート受注〜 »

トップページ> 〜最初で最後のこだわりリフォーム〜

〜最初で最後のこだわりリフォーム〜


◆担当者紹介◆

  森井様のリフォームに対する想い

  リフォームに対する想いは、ただただ無事にお引き渡ししたいということです。それぞれの現場で状況は必ず違うから、
1つ1つを丁寧に行っていくことを心掛けています。

ご提案をして、お客様に喜んで貰いたい、みんなが笑顔になれるようなリフォームを目指したいです。



プレミア株式会社
森井様

リフォームの経緯を教えて下さい 物件データ

プレミア様のチラシを見て話を聞きに来たというH様。
(H様)「建て替えも考えていたんですけど、子どもたちも住んできた場所をそのまま使いたいと思いました。これからもずっと住んでいく家であるし、最初で最後のリフォームになると思うので、これからのライフスタイルが変わるような、そんな家に変えたいんです!」というご要望でした。
また、奥様と話を進めていくうちにエコなどに興味があることが伺えました。

間取り変更・増築を含む大掛かりなリフォームのため、まず価格の面で安価で仕上がるビニールクロスが話に上がりました。
今の『普通』であるビニールクロスには化学物質が含まれていること、身体への影響、自然素材の良さ、効果について、価格の面もしっかり伝えました。

(H様) 「最初で最後のリフォームだから、お金よりも身体に良いものにこだわりたい!」
そして、リビングは珪藻土、布クロスに決まりました。その頃には、相見積もりしていたところはきっぱり切って、プレミア様を信用してくれたそうです。

■邸名
H様邸
■地域
神奈川県
■リフォーム箇所
全面リフォーム


リフォーム中エピソード◆お施主様と職人さんの交換ノート

 H様はとてもお忙しい方で、工事が始まる前も始まってからもじっくりと話す機会がとれなかったそうです。だからこそ、工事前まで時間を見つけては必ず話すことを続けました。

そのことで信用して頂けて、施工中は全面的にご協力してくれたそうです。
住みながらのリフォームは、お施主様のご協力がなければ上手く施工が進まない時もあります。プレミア様のところでは、お忙しいお施主様との関係を考えて、一つのノートを用意しました。そして、そのノートに打ち合わせや施工の進捗を書き込んでいき、H様には気になることを書き込んで貰う『交換ノート』にしたそうです。そうやってなかなかお会い出来ないお忙しいお施主様との距離を縮めて施工を進めたことで無事に納期に完工が出来ました。

【工事2週間後インタビューより】
キッチンが暗かったけどとっても明るくなりました。
LDKも明かりがとれるようになって本当に大満足です。
大変な中で行ってくれて本当にありがとうございます!!!


◆担当者の声◆

 住みながらのリフォームということで、敷地が狭くて移動や材の置き場にも頭を悩ませたけれど、とにかく仕上げが奇麗になるように、お客様が喜んでくれるように行いました。
やはり、自然素材の難しさも感じたけれど、喜んでもらえて本当によかったです。職人さんもよく頑張ってくれました。気を使う素材だからこそ、出来あがって喜んで貰えたときは嬉しかったです。
  みんなで協力して出来た家だと思います!!

【施工前】


【施工中】


【施工後】





お問い合わせ


小さなご相談でもどうぞお気軽にお声掛けくださいませ。
  お電話で
 
  045-369-0130


 
会社情報を確認する

 
お問い合わせ
メールフォーム