« 住まいの不満を全て解消!自然素材の内装リフォーム | メイン | ゼロホルム断熱材 »

トップページ> 実体感から伝わる!真夏でも快適な自然素材の内装リフォーム

実体感から伝わる!自然素材の内装リフォーム

担当者紹介
昔、自宅をリフォームしてからこの仕事につきたいとずっと思っていました。小中高ずっと野球一筋でした。厳しくも楽しかった野球部時代が今の自分の人生に多いに役立っています。

株式会社マエダハウジング:井筒


こだわったポイント

今回は私の自宅をリフォームを行いました。
最近は、リフォームも床、壁、天井をしっかりと直していくケースが多くなってきてますが、その時に必ずでてくるのは、内装材の素材選びです。

なので今回は、限られた予算の中で、いかに有効的に自然素材を使って空気をおいしくするかという部分を工夫しました。

優先順位をまとめますと、実は自然素材を優先的に使って頂きたいのは下記の順番なんです。
1. 床材(フローリング、畳)空気は下に下に降りてきます。なので床材が一番大事なんです
2. 壁材、天井材(壁紙、塗り壁等)次は表面に出てくる場所ですね。これも重要です。出来れば壁、天井という順番が良いです。
3. 糊、接着剤  皆さん糊や接着剤を気にされますが、実は優先順位は3番目なんです。

いくら糊や接着剤を気をつけても、床や壁材を自然素材にしなかったらあまり意味がありません。

リフォームスタジオ大町では毎月、失敗しない自然素材選びの勉強会を行っております。興味があれば参加してみてくださいね。

物件データ
■出合ったきっかけ
自宅
■地域
広島県
■邸名
 井筒邸
■リフォーム規模
リビング、和室、洗面所等
■リフォーム箇所
LDK,和室
リフォーム時のこだわり
 【施工前】

今回は、限られた予算の中で、いかに有効的に自然素材を使って
空気をおいしくするかという部分を工夫しました。
写真で床材や壁紙、天井の様子などの変化を良く見比べてみて下さい。

【施工後】  
ビンテージ風パインの無垢フローリングを使っています
新築当時は6畳の和室2つとLDKだった3部屋が一部屋のLDKとして広々しました

テーブルはお気に入りの家具屋さん[MARGINAL]オリジナルジャワ人が作っている
オールドチークといってまたビンテージ感のある雰囲気です

チェアはイタリアブランドdriadeのtoyチェア、レストランやカフェでもたまに見かけます

玄関を開けてまっすぐ進めば、別世界のリビングです。友人達の反応がいつも楽しみです。

キッチンはクリナップのSSサーボになれずに苦戦・・・です。

 


壁は2人+大濱監督と塗った珪藻土

洗面所とトイレがほとんど臭いも感じず、風呂上りでも、洗面室の鏡がまったく曇りません。

お客様(ご本人)の声【リフォーム後の様子】

自分がリフォームをしてみての感想なんですが、やはり珪藻土は良かったです!!

というのも、まず洗面所とトイレがほとんど臭いも感じないし、
風呂上りでも、洗面室の鏡がまったく曇りません。

そして、LDKもエアコンなしだと室内も32度くらいなのですが、
湿気がすくないため、空気がカラッとしてて、そこまで暑くないんです。
エアコンは常に28度で十分です。それ以下だと少し寒いくらいになるので、非常に省エネです。

あと、床材は無垢のフローリングにして、やっぱり正解でした。
裸足であるくと本当に気持ちが良いんです。べたべたせずにサラサラします。
床の色は暗めなんですが、ほとんどほこりが溜まることがないんです。

自然素材の良さを本当に実感できてよかったと思います。
お問い合わせ

小さなご相談でもどうぞお気軽にお声掛けくださいませ。
お電話で

0120-87-5626
会社情報を確認する メールで

お問い合わせメールフォーム



⇒他のオススメ事例も見る